スカルプDに含まれている大豆の効能・効果について


ポリフェノールの抗酸化作用は有名です。
赤ワインなどに多く含まれており、
ポリフェノールを摂取することで動脈硬化や脳梗塞を防ぐ効果があります。
それとホルモン促進作用が向上するそうです。

では、頭皮に直接ポリフェノールを塗るとどうなるのでしょうか?
まず、ポリフェノールにも色々な種類があり、
赤ワインはフラボノイド系のカテキンやタンニンという種類になります。
育毛に最も関係のありそうなポリフェノールは、
フラボノイド系のイソフラボンになると思います。
イソフラボンは女性ホルモンの一種であるエストロゲンに近い働きをし、
アンチエイジングの効果が見込めるとして知られています。
ただし、私たちがよく知るのは摂食による有効効果です。
頭皮に大豆イソフラボンを塗ると、育毛効果が期待できるのでしょうか?

スカルプDシャンプーは高い育毛効果があるとして知られており、
それには大豆イソフラボンを多く含む「黒豆の豆乳発酵液」が
第一成分(※その商品で最も高い含有率を持つ成分)として使われています。
では、こうした成分は皮膚(頭皮)や髪に塗ることで、効果が見られるのでしょうか?
逆説に近いですが、スカルプDの大豆成分は効果があるのだと思います。
そもそも、効果が無かったら初めから混入しないはずです。
問題は、スカルプDでどれほどの効果が見込めるかになると思います。
こればかりは使ってみない限り分からないかもしれません。

大前提として「育毛効果」にも複数の意味があります。
髪の毛の成長速度を早めることが「育毛」と思われがちですが、
健康な髪を維持するのも「育毛」になります。
そして、スカルプDの大豆成分は潤いの効果があります。
髪に潤いを与えることで髪を健康にし、
スカルプケア成分の浸透力を高めることが出来るのです。